故人との別れの場所である葬儀場

思いの集う場所葬儀場

葬儀では悲しみや寂しさ、故人への感謝など、参列者はさまざまな思いを胸に集まります。

ライフスタイルが多様化する現代では葬儀のニーズもさまざまで、家族葬や密葬など故人や家族に合った方法が選べます。

今までの方法と違っても、葬儀場が故人との最後の別れの場所であり、思いを伝える場所であることに変わりはありません。思いを馳せ、冥福を祈ることで心の整理をして、前を向いて自分の人生を歩むために必要なステップといえるでしょう。

悲しみや涙に溢れている暗いイメージもありますが、心と心の会話の場であり、新たな一歩を踏み出すための力を与えてくれる大切な場所でもあるのです。

利用する方々に合わせた葬儀場

最近では、葬儀社によって独自のプランを取り扱っています。幅広いメニューと利用しやすいお得な費用を案内できるように心がけているのです。大金を使ったり、大規模な葬儀場を利用したからといって、故人の供養になるという訳ではありません。このため、利用する方々に合わせた規模と費用が検討できるようになっています。

長い人生の中でお葬式をする立場に立つシーンは、そう何度もある訳ではありません。葬儀社側のアドバイスをしっかりと受けて、サポートしてもらいながら、亡くなられた方の供養を心からできるようにしましょう。

そのためには、後悔しないように葬儀場を選ぶことをおすすめします。

葬儀場の選び方の基準より良い葬儀場の選び方の判断
家族みんなで選ぶ葬儀場葬儀場選びに大事だと思う事

葬式で使われる線香

何と言っても葬式において線香は欠かす事ができません。また、現在だけでなく、古くから葬式においては線香が用いられてきました。葬式において線香が用いられるのは、ただ単に風習だからというだけではありません。それには深い理由があります。

葬式で線香をあげる事によって、自分の身を清める事ができると考えられています。確かに、線香は独特の香りがしますので、身が清められる様な気持ちになる事もあります。

葬式においては、故人に向かう前に自分の身を清める事ができます。また、他の法事においても必要とされています。そして、墓参りの際にも必需品となっています。私たちの生活において必要な物と言えます。

気持ちを整理する葬儀場頼りにしたい葬儀場の特徴
葬儀場のさまざまなオプション葬儀場の場所の把握などについて

オプションサービスが充実した葬儀場

高齢化社会ということもあり、葬儀のスタイルも変化しつつあります。

自分が亡くなる前にどのような葬儀を行いたいかを終活という形で生前見積りが行える葬儀場が増えてきていて、ライフスタイルに合わせて葬儀を選ぶことができるようです。

オプションの内容も葬儀に関わるものはもちろん、喪服のレンタルや法事用の食事、遺品整理まで行ってもらえるようで、昔と異なり葬儀以外におけるサービスの幅が広がっていることが伺えます。

一部の葬儀場では、故人の遺灰を使用した記念ダイヤモンドの作成をしてもらえるようです。遺影だけでなく、メモリアルスペースを確保するなど故人を思えるサービスがこれから増えていくかもしれません。

葬儀社や葬儀屋をチェック!

葬儀社や葬儀屋のHPには基本的な費用が掲載されていたりします。気になる斎場や葬儀場、葬儀会館、火葬場についてはHPを細かくチェックしておきましょう。

葬儀に参列するときは服装以外も気にしましょう

葬儀に参列するとき、黒い服さえ着ていけば大丈夫だと思っていませんか。しきたりは宗派によって違います。故人の死を悼む大切な儀式ですから、失礼のないように調べておく必要があります。

忘れがちなのが女性のメイクです。メイクは色を控え目にしたり、ネイルの色もナチュラルにしたりするのが無難です。

ジェルネイルなど簡単に取れない場合は手袋を着けます。アクセサリーはなしにするか、パールが良いでしょう。デザイン製の高すぎるものは避けましょう。

心配な場合は葬儀会社に連絡して、宗派などを確認しましょう。どんなシチュエーションでもその場のしきたりを重んじるスマートな大人でありたいものです。

葬儀での基本的なマナーを知っておくこと

葬儀などの人生における大事な儀式に出席するときに気になることの一つに、マナーがあります。

しかし、子供のころの道徳などで学習するわけでもなく、まして中々参列することのない儀式であるため、衣装一つにとっても知らないことが多く、正しいマナーの知識を持つ自身のある人はそう多くないのが実情です。

例えば、男性の靴下は黒であることやハンカチは無地の白や黒が望ましいことなどです。

また、女性の装飾品であればネックレスに使う真珠の意味や一連である意味などを知っておくことが大切です。失礼のないよう、葬儀での振る舞いや焼香の仕方などの知識もある程度知って参列するのが望ましいですね。

残された人が前に進める葬儀での挨拶文

葬儀での喪主の挨拶文は、葬儀に参列された方への感謝と、お礼の気持ちを表すとともに、亡くなった方との楽しい思い出などを、改めて言葉にすることによって気持ちを整理して、前へ進める覚悟ができると考えられています。

型にはまった言葉よりも、日頃の口調で語ることによって、身内の方々の心に寄り添って、なぐさめ合い、前に進める力を与えられるかもしれません。

また、生前中々会えなかった方たちが会える機会を与えられるのも、この儀式の大切な醍醐味でしょう。人は一人では生きていけないものです。

亡くなった方が一人にならないように、人々を結びつけているのかもしれません。

葬式で見かける渦巻き線香

あまり見かける機会が少ない渦巻き線香ですが、葬式の際には使用される事があります。

渦巻き線香を葬式の際に使用する事で、長時間燃やす事ができますので、何度も線香を取り換える必要なく、葬式を行う事ができます。

線香は短い物であれば数十分程度しか燃焼時間がない場合も多いので、渦巻き線香を使用する事で、燃焼時間を大幅に長くする事ができます。

葬式の際や、葬式を終えた後には、燃えている状態を維持しないといけない事もありますので、これを使用する事によって、手間を省く事ができます。しかし、燃えた状態がずっと続く事になりますので、使用時の安全面については、しっかりと配慮する必要があるでしょう。

注目情報

注目情報をご紹介。

ページトップ