故人との別れの場所である葬儀場
HOME 葬儀 葬儀場のさまざまなオプション

葬儀場のさまざまなオプション

葬儀場を選ぶ時には、故人の意志を尊重して選ぶことが多いです。葬儀場での葬儀のかたちが多様化してきている現代では、さまざまなオプションをつけることができるところが増えています。

例えば、生前の映像を流したり、故人が好きだった音楽を流したりできるオプションもあります。珍しいものだと故人が好きだった和太鼓の演奏をしたり、競馬好きだった故人を送還する時に馬が登場したりと、今までにないサービスをしているところもあります。

どうすれば故人が喜ぶようかことを考えて、さまざまなサービスがある場所を選ぶのも、良い方法です。

昨今の葬儀場事情について

従来、葬儀と言えば大規模な葬儀場で、故人が生前にお世話になった親戚、職場の方、ご友人、ご近所の方々などが多数参列するものが主流でした。

しかし昨今は、親族のみで行う家族葬が一般的になってきており、それに対応する小規模の葬儀場はたつの市、姫路市にも多数あります。主な要因の一つは高齢化です。

高齢でお亡くなりになった方は、親しくしていた方々も同じく高齢であることが多いため、すでに他界されていることも多いのです。また、核家族化や、故人の意思によるものも理由にあります。参列せずとも弔電で哀悼の意を示したりすることも多く、葬儀の規模の縮小がされていると言えます。

葬式で贈り物とされている線香

仏壇がある場合、自宅で線香が使われる事も多いですが、葬式においても線香が用いられる事もあります。また、葬式においては、線香は使われるだけでなく、贈り物として利用される事もあります。

葬式では、香典を贈るという事もできますし、線香を贈る事もできます。

葬式で線香を贈る事によって、お悔やみの気持ちを表現する事ができます。葬式で贈る事によって、故人や遺された家族にさらに寄り添う事ができるでしょう。

この様に、自分自身で使用するばかりでなく、人に届けられる事もあります。自宅に仏壇がない人であれば、利用する頻度は高くはなく、墓参りの際に使用したり、または人に贈ったりする事でしょう。

葬儀場のサービスの関連記事

気持ちを整理する葬儀場
頼りにしたい葬儀場の特徴
葬儀場の場所の把握などについて
オプションサービスが充実した葬儀場

葬儀の際に喪主が行う挨拶

家族が亡くなるというのは、誰にでも起こりうる事です。また、その中には喪主を務める方もいらっしゃるものと思われます。

喪主を務める時は、大抵は一番身近な方が亡くなられた時ですので、役所への手続に始まり、葬儀の段取りから準備、参列者への対応など、落ち着く暇も無いことでしょう。その様なバタバタとした中で喪主は、喪主としての挨拶をしなければなりません。

人生の中で、このような挨拶をする機会などは滅多にありませんし、慌ただしい中で挨拶文を準備する暇もないでしょう。葬儀業者によっては、挨拶文のサンプルやフォーマットをあらかじめ用意している所もあります。

葬儀場は故人とのお別れの場所

葬儀場は、故人との最後の別れを告げる場所です。故人が心置きなく旅立てるよう、そして残された人達が悲しみに区切りを付けて生きていけるように、葬儀を執り行います。

故人を忘れるのではなく、それぞれの思い出を振り返って前向きな気持ちになるための新たな出発の場所とも言えるでしょう。大切な人との別れはつらく悲しいものですが、葬儀を通じて弔うことで、出会いやこれまでの日々に感謝をすることができます。

日本では火葬ののち先祖代々の墓へ納骨するのが一般的ですが、最近では自然葬で散骨を希望する方も増えており、葬儀スタイルも多様化しています。

ページトップ