故人との別れの場所である葬儀場
HOME 葬儀場 より良い葬儀場の選び方の判断

より良い葬儀場の選び方の判断

葬儀をする際には、どのような葬儀社を選ぶかによって、大きく変わってきます。選び方のポイントとしては、人によって異なりますが、葬儀をあげる家族の要望にしっかりと寄り添っているかどうかが大切です。

最初から提案せずにいくつかの選択肢を説明して、強引に進めることなく選びやすい雰囲気を作る葬儀社を選ぶといいでしょう。また、スタッフがきめ細かな心遣いをしてくれるかどうかというのも重要な判断基準となります。

葬儀場の選ぶ内容と規模によっても異なり、故人がどのような方であるのか、故人の希望が仮にわかっていればその方の気持ちを考えて、最適な方法の葬儀をすることが大切です。

自由に行われる葬儀

宗派に基づいて葬儀が行われる事が多いですが、中には特に宗教は信仰していないので、型にはまらず、自分達で思い通りに葬儀を行いたいと考える人もいます。

実は、最近ではこの様に自由なスタイルで行う事ができる葬儀というのもあります。たとえば、葬儀においては、故人が好きだった物をディスプレイしたり、音楽を演奏するなどという事もあります。

そのため、葬儀は従来のやり方に沿ったものだけではなくて、自分達で自由に行う事もあります。どの様にして式を行うかという事については、遺族が自分たちで決定する事ができます。式を行うのは一度きりの事ですので、しっかりと話をしてよく決定する必要があります。

葬儀場で行なうべきこと

死は平等に訪れるものですが、葬儀をどのような手順で行えばいいのかわからない方も多いでしょう。まずは、医師から死亡診断書をもらいます。この死亡診断書は死亡届けとセットになっていて、役所へ提出が必要です。

これらは火葬する際に必要な火葬許可証を発行するために必要になります。次に、葬儀場に連絡して料金プランの相談をします。通夜と告別式を行う従来のスタイルのほか、一日葬や家族葬などさまざまなプランがあります。

故人のケアから葬儀の準備までしっかりサポートしてくれるので安心です。葬儀は故人だけでなく家族にとっても大切な儀式ですから、悔いの残らないよう信頼できる葬儀社にお願いしましょう。

葬儀場選びの関連記事

家族みんなで選ぶ葬儀場
葬儀場の選び方の基準
葬儀場選びに大事だと思う事
葬儀場の簡単な選び方について

多忙となる葬儀の前後

どうしても葬儀の前後というのは、悲しんでばかりもいられない事もあります。葬儀の前後は、すべき事がたくさんありますので、多忙となる傾向にあります。

葬儀など法事の準備だけを行っていればいいのではなくて、葬儀の準備を行うと同時に、お墓や仏壇をどうするかという事を考えないといけませんし、また相続を行う必要もあります。そして、故人の遺品整理などを行わないといけません。

急がないといけない事については、葬儀の前後から行うものもありますが、急がないものについては、時間がある時に少しずつ行うのもいいでしょう。また、身内が亡くなると、大きなショックを受ける人もおり、体調管理も大事です。

広告で見た葬儀社

どこの葬儀社に決定するかという事がポイントとなりますが、これまでに広告などで見た事がある葬儀社にお願いするというのも一つの方法です。

急いでいる時や、葬儀社選びに手間をかける事ができない場合などには、この方法が手っ取り早いと考えられます。

しかし、もう少し葬儀社についてよく検討したいという場合には、ネット検索を行ってみる事をおすすめします。

その際に、自分の住んでいる地域名などを一緒に入力すると、自宅近くにある葬儀社に限定して探し出す事ができます。ホームページを見てみるだけでも、いろんな情報が提供されており、また、そこから連絡できる様になっている事もあるので、便利です。

ページトップ