故人との別れの場所である葬儀場
HOME 葬儀場 葬儀場の簡単な選び方について

葬儀場の簡単な選び方について

葬儀場の選び方として、まずは葬儀の種類について知っておく必要があります。一般的なのは家族葬と一般葬です。

家族葬は、近親者だけの質素なプランで構成されているのが特徴です。弔問者も少なく、葬式費用を安く抑えることができるでしょう。

一般葬の参列者は親族や友人及び町内の関係者など幅広く、葬式の舞台が豪華に彩られるため、葬式費用が高めに設定されているのが特徴です。近年では葬式費用が安く、葬式プランの手続きが簡単な家族葬を選ぶ方々も増えてきているようです。

最近では生前のうちから相談できる葬儀社もありますので、自分らしく人生の終わりを彩りたいのであれば、生前相談を利用してみましょう。

近くの葬儀場を探す

広告やネットなどで葬儀場を探してみると、実にたくさん見つける事ができます。

その中から葬儀場を選ぶ必要がありますが、できるだけ近くの葬儀場を選ぶというのも一つの方法です。

地域によってはご近所さんが葬儀に来てくれる事もある様ですので、近くの葬儀場を選ぶと、近所の人にも来てもらいやすいという事が考えられます。

また、近くの会場であれば、移動などが便利ですので、体が不自由な人がいたり、もしくは高齢者などが参加する場合でも、安心ではないでしょうか。そして、何より親族にとって利用しやすいという事が考えられるでしょう。また、遠方の人が多い場合には、駅の近くにある葬儀場も便利でしょう。

葬儀場選びの関連記事

家族みんなで選ぶ葬儀場
葬儀場の選び方の基準
葬儀場選びに大事だと思う事
より良い葬儀場の選び方の判断

増えているペットの葬儀

やはり、ペットも家族の一員であると考える人も多く、ペットが亡くなった際にも葬儀を行う事があります。ペットの葬儀を行う事によって、別れを惜しむ事ができます。また、葬儀を行う事で、気持ちを整理する事ができるでしょう。

葬儀を行うという事は、ペットのためにできる最後の事となります。

また、ペットの葬儀はかなり本格的に行われる事もありますが、人間と異なる点もあります。ペットの場合には、火葬をするか、また埋葬をするという方法もあります。また、遺骨についてどうするかという点についても選択肢がありますので、考えておかないといけません。近年は行ってくれる業者も増えており、選ぶ必要があります。

家庭用と異なる葬式の線香

普段、仏壇や墓参りの際に使用している物とは異なる物が、葬式の線香として使用される事もあります。葬式の線香と言えば、高品質な物が用いられている事も多く、燃えている時間が長い物が用いられている事もあります。

通夜や葬式の間は、ずっと線香を使用した状態となりますので、その間燃やし続ける事ができる様な物が求められます。家庭用の物は、利便性などを考慮して燃焼時間が短い物が用いられる事も少なくありません。

葬式の線香は、家庭で使用する物とは、若干求められる物が異なります。

葬式の線香は、ニーズに合った物が使用されています。冠婚葬祭はマナーが要求される事が多く、場に合った物が必要です。

葬儀に呼ばれたら

誰かから、人が亡くなったという知らせを聞いた場合には、通夜や葬儀に参列する用意をする必要があります。

基本的には、通夜や葬儀に参加する必要がありますが、どうしても事情で葬儀に参列する事ができないという時には、弔電を打つという事もできます。

そして、葬儀に参加するばかりでなく、近しい人の場合には、危篤だという連絡を受け取れば、病院に訪れる必要があります。

葬儀の場合にはブラックフォーマルが基本となりますが、病院を訪れる際には、急に訪れないといけませんので、そのままの格好で訪れる必要があります。とにかく、できるだけ早く病院に到着して、顔を合わせるという事が大事ではないでしょうか。

ページトップ