故人との別れの場所である葬儀場
HOME 気持ちを整理する葬儀場

気持ちを整理する葬儀場

大好きだった人が急にお亡くなりになられたとき、突然の出来事を受け入れることができず、ただただ悲しみ、嘘だと言い聞かせてしまっている方もいるでしょう。

葬儀場があることにより、なくなられた事実を目の当たりにして、受け入れなければならない状況に置かれます。

葬儀のおかけで、亡くなられた人に起きた事実を受け入れ、感謝をすること、今後の自分をどうしていくかということを考える場がもうけられます。親族の方がオプションで映像を流してくれていたときは、思い出に触れ、心の中にずっとしまっておこうと思うことができます。

生前の個性を尊重した葬儀にするために

インターネットやSNSの発達により価値観が多様化している現代社会においては、信仰する宗派を持たない若者も多く、宗派ごとに画一的な従来からの葬儀の在り方について、自分らしくないと考える人が増加しています。また、遺族に費用的な負担をかけたくないという理由から、家族葬を選ぶ人もいます。

このような状況の中で、生きているうちに自分で気心知られた友人、知人、仕事仲間等に別れを告げる生前葬が注目を集めています。まさに人生の集大成となる生前葬は、今後増加していくことが想定され、葬儀会社にはこのような新しいニーズに対応し得る設備・プラン・手続きの整備が求められます。

葬儀場のサービスの関連記事

葬儀場のさまざまなオプション
頼りにしたい葬儀場の特徴
葬儀場の場所の把握などについて
オプションサービスが充実した葬儀場

葬儀場という場所が提供するもの

葬儀場は、故人と最後の別れを惜しむ場所でもあります。信仰する宗教やその形式に違いはあれども、遺族や縁のある人々が故人を偲び、新たな旅立ちに向けて送り出すのです。

故人が生前好んだものやたくさんの生花を、供え物として棺の中に納める方もいます。自宅や故人が生前親しんだ場所で、葬儀を行えないこともあるでしょう。

そのような中でも、故人との思い出やさまざまな感情も、最後にきちんと別れを告げて送り出すことで、けじめをつけて、その先のそれぞれの人生をまた歩み続けるために、場所と時間を提供してくれるところが葬儀場なのです。

葬式で線香をあげる

普段の生活において葬式で線香をあげる機会は、そんなに頻繁にある分けではありませんので、詳しくマナーについて把握できていない人も多いでしょう。

葬式で線香をあげる際に、鐘があればなさないといけないのかどうか気になっている人もいる様です。葬式で線香をあげる際には、鐘は特に必要ないそうです。

葬式で線香をあげる際に、どうしていいか分からない事などがあれば、式が開始するまでに正しい事を人に聞いたり、自分で調べるなどして把握しておく事をおすすめします。

葬式で線香をあげる時になって、分からない事が出てくれば、どうする事もできません。先に行う人のを手本として行うのはおすすめしません。

葬儀場選びの最適な選び方

葬儀をする際に、必要なのが葬儀を行う場所の葬儀場を手配することです。

たつの市と姫路市周辺地域で考えている場合、一般の方々で利用しやすいのは、葬儀社に依頼し開館やセレモニーホールを使用する方々が多いです。スタッフは仕事にも慣れているプロの方々が在籍しているので、全て任せることができます。

他には、自宅で葬儀をする方々もいます。自宅の場合会場費用はかからず、祭壇や飲食接待費用もリーズナブルにすることができます。何よりも、故人の方が生前過ごした場所でお別れできるのでより印象深い葬儀になると考えられます。

ページトップ