故人との別れの場所である葬儀場
HOME 葬儀 頼りにしたい葬儀場の特徴

頼りにしたい葬儀場の特徴

葬儀場へ行ったり喪主として葬儀を執り行ったりといった経験は、誰しも一度は訪れるでしょう。

遺族として心に残る葬儀をしたいと思う一方で、家族が亡くなったあとの精神状態は必ずしも安定せず、できることならば簡単に葬儀を行いたいという気持ちもあるでしょう。

どこで葬儀を上げるかという問題で注目するべきなのは、どういったオプションがあるかです。葬儀に必要な花や棺桶、もてなす料理や香典返しの品などの対応が十分で、過剰な負担とならないか配慮されているかどうか確認しましょう。

オプションを付けないと葬儀として成り立たず、結果として高くついてしまったという失敗をしないよう、プランが安価な場合はよく注意しましょう。

高齢化社会の日本の葬儀場の形

日本全国に葬儀場はあります。それは姫路市やたつの市でも例外ではありません。今の時代、どの市区町村も高齢化が進んでいます。10年、20年後は、もっと進んでいるでしょう。そうした時に必要になってくるのは葬儀場です。

その数が増えた時に、重要になってくるのが他社の葬儀の仕方との差別化です。

従来のやり方の葬儀も良いですが、型にはまらないやり方の葬儀があってもいいでしょうし、実際に、そうした故人の個性や生き方を全面に出した葬儀を行うところも増えています。

葬儀は故人を気持ち良く新たな旅へと送り出す場でもあるので、葬儀も多様化しているのが現状です。

故人と過ごす大切な葬儀

葬儀は、この世からあの世へ送る、大切な時間の事をいいます。一般的には、読経を行い、告別式は友人や、知り合い等が、参加する儀をいいます。ひとりひとりが焼香したり、献花をしたりして、最後の別れを告げます。

葬儀や、告別式に、参列するには、最低限、服装や、準備するものなど、マナーがあります。最近では、参列者を待たせるのは失礼等、読経と、焼香を同時に進行させる事も、多くなりました。

突然の訃報の場合は、仕事帰り等のケースも多く、お通夜の弔問にかけつける時は平服でも構いません。告別式は、原則、喪服を着用さします。焼香の回数は、宗教宗派によって違いがあります。

葬儀場のサービスの関連記事

気持ちを整理する葬儀場
葬儀場のさまざまなオプション
葬儀場の場所の把握などについて
オプションサービスが充実した葬儀場

家族の葬儀場選びの問題と注意点

家族が亡くなった際、葬儀を自宅で行うか、葬儀場で行うかでまずは意見が分かれがちです。亡くなった本人の遺言などがあれば問題はないだろうが、そのような意思表示がない場合、親族間でもめる原因になる可能性があります。

亡くなった本人に聞くわけにもいかないので、ここは、喪主の一族に任せても良いと思われます。場所、費用、集まった親族の住まいなどにもよるが、あらかじめ喪主がある程度とりまとめた方がまわりも余計な気を遣わずに済むと考えられます。

葬儀を含む冠婚葬祭の行事で起きた親族間の揉め事は尾を引くことが多いので、対応にはくれぐれも気をつけたいところです。

お店で線香を購入し葬式で贈る

近くに仏具屋さんや線香の専門店があるという場合には、そこで購入して葬式で贈る事もできます。葬式の際に線香を贈る事を想定している人は、短期間の間に用意しないといけない事もあります。

お店で線香を購入すると、その場で受け取る事ができますので、葬式に間に合わせる事ができます。近くに葬式で贈る贈答用の線香が手に入るお店がない場合には、少し遠くまで足を運ばないといけない事もあります。

葬式で線香を贈りたいという場合には、人が亡くなったと聞いた際には、できるだけ早期に対応する様にしましょう。時間がほとんどないというケースも多く、他にも喪服など用意すべき物はたくさんあるでしょう。

ページトップ