故人との別れの場所である葬儀場
HOME 葬儀 葬儀場の場所の把握などについて

葬儀場の場所の把握などについて

平均寿命が伸びて高齢者社会が進むなか、葬儀に対しての要望も多様化したことから、今までにないサービスやオプションを打ち出す葬儀社も増えています。

通夜を行わず簡略化した一日葬など、葬儀の形も多様化していく中でどの葬儀社を選択すればよいか迷ってしまうことでしょう。また、公営の葬儀場で予約が取れず、急遽葬儀会社にお願いすることになるケースもあります。

そのようなときに備えて、近隣にある葬儀社をチェックしておくといざというときも安心です。人の死は突然で、日頃から意識している方は少ないでしょう。

しかし、いざというときに慌てないよう、どんな葬儀を希望するかを家族間で認識を共有する機会を設けることも大切です。

葬儀場のオプションで検討する花祭壇

葬儀のオプションは、基本的なプランや標準の見積もりに含まれないものです。

葬祭を行う会社により、様々なオプションメニューがありますが、代表的なものは葬儀場の花祭壇です。予算に余裕があるのなら、故人のイメージに合わせた花祭壇で、その人らしい葬儀場にすることができます。

花祭壇は葬儀を取り仕切る葬儀社に依頼します。カタログを用意している会社もありますから、予算やイメージに合わせてデザインを選ぶと良いでしょう。

故人の好きだった花や色にしたり、好きだったものをモチーフにしたデザインの花祭壇などで飾ることで、より心のこもった温かい葬儀になることでしょう。

葬儀場のサービスの関連記事

気持ちを整理する葬儀場
葬儀場のさまざまなオプション
頼りにしたい葬儀場の特徴
オプションサービスが充実した葬儀場

日本の葬儀と慣習やマナー

葬儀にはさまざまな慣習があります。日本で一般的な仏式と神式のマナーの違いについて説明します。仏式では数珠を手にして合掌しますが、音を立てず静かに手を合わせなければなりません。神式は音を立てる柏手を打った後に、手を合わせます。

仏式では欠かせない線香は、亡くなった方が迷わずあの世にいけるようにという意味を込めてあげられます。

一方神式では故人が守護神となるという考えのため、線香の代わりに玉串を捧げます。

また、仏式は宗派によっても作法が異なります。例えば焼香をする際、額の辺りに焼香を持っていく動作をする場合が多いですが、浄土真宗の場合はこのようなことを行いません。

感謝の気持ちを大切にする葬儀場

身の回りには様々な葬儀場があります。どこを基準に選ぶかは、本人の意向、または家族が亡くなられた方のためにどこがいいかを考えて決まります。

生前の映像を交えたショートフィルムを作成してくれたり、生前のアルバムや亡くなられた後に送られてきたものを展示できる場があったりと、様々なオプションを用意している葬儀場が多くあります。

亡くなられた本人がお通夜に来てくださった人たちに感謝を伝えたり、お通夜に来てくださった人が亡くなられた人に感謝の気持ちを伝えたり、そういった場になるのがよい葬儀です。悲しみもたくさん溢れてしまう場ですが、この中に温かみがあるところを選びたいものです。

公営民営葬儀場の利用料

葬儀場には、葬式を行う斎場だけのものと火葬場を併設したものがあります。火葬場が併設したものはご遺体の移動に料金がかからないため、費用を抑えることができます。

公営火葬場併設斎場の利用料の一例としては、式場控え室の利用で地域住民なら10万円程度、地域外住民なら30万円程度で別途火葬料が4万円程度かかります。

民営火葬場を併設斎場の利用料の一例としては24万円程度、火葬料が6万円程度かかります。費用を比較すると地域の公営葬儀場が低く抑えられますが、反面人気が集まり数日待ちということもあるので注意が必要です。

ページトップ