故人との別れの場所である葬儀場
HOME 葬儀 オプションサービスが充実した葬儀場

オプションサービスが充実した葬儀場

高齢化社会ということもあり、葬儀のスタイルも変化しつつあります。

自分が亡くなる前にどのような葬儀を行いたいかを終活という形で生前見積りが行える葬儀場が増えてきていて、ライフスタイルに合わせて葬儀を選ぶことができるようです。

オプションの内容も葬儀に関わるものはもちろん、喪服のレンタルや法事用の食事、遺品整理まで行ってもらえるようで、昔と異なり葬儀以外におけるサービスの幅が広がっていることが伺えます。

一部の葬儀場では、故人の遺灰を使用した記念ダイヤモンドの作成をしてもらえるようです。遺影だけでなく、メモリアルスペースを確保するなど故人を思えるサービスがこれから増えていくかもしれません。

思い出を締めくくる葬儀場

故人との別れは辛いものです。しかし、ご遺族なら、最後だからこそ、その人にふさわしい形で送ってあげたいと望むことでしょう。姫路市、たつの市には、そんな思いを叶える葬儀場があります。

たとえ覚悟を決めていたとしても、急な別れならばなおさら、葬儀を執り行うことには、不安を覚えます。

ご遺族の悲しみに寄り添いつつ、故人の人となりを参列者の方々にもしみじみとお伝えすることのできる葬儀を実現することが、悔いなく送って差し上げることにつながるのではないでしょうか。

故人との最後の思い出が、どうか心温まるものでありますよう、願ってやみません。

葬儀場の供花贈り方マナー

葬儀場における供花は、訃報を受けた側が、亡くなった方のご冥福を祈る気持ちを表すために生の花を供えることです。これは、霊を慰めるという意味があります。

ですが、最近、葬儀に参列できない人が、遺族の了承がないままに供花を贈ったものの、遺族から受け取りを拒否されてしまったというケースが多発しています。

遺族が拒否する理由の多くは、悪意はないものですが、こういうことが起こらないためにも、行き違いはないよう事前に遺族に確認することが必要です。遺族の了承を得ることが出来たら、斎場に贈ることが可能かを確認し、手配をしましょう。

葬儀場のサービスの関連記事

気持ちを整理する葬儀場
葬儀場のさまざまなオプション
頼りにしたい葬儀場の特徴
葬儀場の場所の把握などについて

スムーズに終わらせたい葬儀の日程

身内の葬儀というと誰もがそれほど経験したことがないため円滑にできるか不安です。そうでなくても悲しみの中にあるのでなるべくなら苦労をかけずに行いたいところです。きちんとした会社に頼めば、その点かなり負担の軽減になるようです。

一連の手続きは、業者の選定、遺体の搬送、葬儀内容の打ち合わせ、日程の決定・周知、通夜、告別式、更には初七日、四十九日まで考えなくてはなりません。考えただけでめまいがしそうな流れです。しかも費用も気になります。したがって、業者の選定は最重要事項であり、その後円滑に進められるかどうかはそれに掛かっているといっても過言ではありません。

葬儀へ参列するにあたって

葬儀の作法については、地方や宗教・宗派によってしきたりに違いがあることでしょう。

葬儀というのは、残された家族にとっては最後のお別れの場です。親族の方は大切な家族を亡くされて、平常心ではいられないはずです。そのため、参列するにあたっては最低限のマナーは忘れたくないものです。

例えば通夜や告別式に着ていく服装やお悔やみの言葉、数珠といったものには、失礼がないようにくれぐれも注意する必要があります。服装や作法に込められた意味を理解して、故人や親族の方への思いを胸に抱いて、心遣いを忘れないようにしましょう。

ページトップ