故人との別れの場所である葬儀場
HOME 葬儀場 葬儀場の選び方の基準

葬儀場の選び方の基準

多くの場合、病院で亡くなられたときは病院から葬儀社を紹介されます。その葬儀社は、一般的な業者に比べると、費用が高くなってしまう場合もあります。

費用を抑えたい、他の葬儀社と比べたいというときは遺体の搬送のみお願いすることも可能です。知り合いの紹介や大手で有名な葬儀社を選ぶ方もいますが、自分たちに合っているかどうかはわかりません。

葬儀社と葬儀場の選び方の基準として、わかりやすく丁寧な対応をしてくれるスタッフがいるかどうかがあげられます。

相談する人と実際式を取り仕切る人が別の場合もありますが、受付の時点で親身になって対応してくれるスタッフがいるというのはひとつの指標となるでしょう。

変わりゆく葬儀場について

あまり行く機会がない葬儀場ですが、近年、かなり変わってきていると考えます。その理由として、葬儀自体の簡素化が最大の理由でないかと私は考えます。

昔は遠くに住んでいようが必ず親戚は駆けつけていましたが、最近はお金の送金のみで済ませてしまう事が多くなってしまいました。交通費をかけてまで来なくていいというのが最大の理由らしいが、それはとても寂しく感じられます。御返しも送付します。

時代の流れで仕方がないと思いますが、やはり、葬儀だけはきちんとやらなければ、亡くなった方への本当の最後の見送りにならないのではないかと思われます。

一日で行う通夜と葬儀

基本的には通夜と葬儀は、日を改めて行われるのが一般的となります。しかしながら、あまり長い期間仕事を休めないという人もいるため、葬儀と通夜が一日で行われるプランなどもある様です。

都会等で通夜と葬儀を一日で行うプランが用意されている事もある様です。必要に応じ利用する事ができます。また、通夜と葬儀を行うのが一般的となりますが、火葬のみを行うという場合もある様です。

現在においては、通夜と葬儀について昔からのやり方こだわるだけではなくて、自分達のライフスタイルに合う形で行われる事もあります。身内が亡くなった際には、どうするのかという事を、家族で話をして決定する必要があります。

葬儀場選びの関連記事

家族みんなで選ぶ葬儀場
葬儀場選びに大事だと思う事
より良い葬儀場の選び方の判断
葬儀場の簡単な選び方について

葬式前に調べる線香のあげ方

もし分からない場合には葬式の前に線香のあげ方について調べておく事をおすすめします。

宗派まで把握までできている場合には、葬式における線香のあげ方を調べるのみです。会社の人の葬式などであれば、宗派が直前まで分からない事もありますが、身内の場合には把握できていると思いますので、線香のあげ方を調べられる事もあるでしょう。

また、どうしても線香のあげ方が分からない時には、できるだけ葬式や通夜までに確認しておきましょう。葬式の際に、自分の前の人を見て、同じ様に線香をあげるという人もいますが、よく見えなかったりする事もありますし、すぐに本番となれば余裕がないという事もあるでしょう。

葬儀場や費用にまつわる説明

身内に万が一のことが突然起きてしまったとき、どの葬儀場にするかをすぐに決断するのは難しいのではないでしょうか。

少人数の家族葬に相応しい規模の式場や、大勢の参列者に対応できる規模の式場など、さまざまです。規模が大きくなれば、必然的に式場の使用料も上がります。公営の式場は費用を安く設定していますが、その分利用者も多く、予約がなかなか取れないことも多いものです。

そのため民営の葬儀場に急遽頼むことになりますが、参列者が多いと式場の使用料も高くなりますので、複数の葬儀社に相談してプランを比べることをおすすめします。

ページトップ